200種類もの有効成分を含む、効果的なアロエ化粧水

subpage01

食用としてアロエを使うのも良いですが、塗る事で多くのメリットを得られます。



その植物は古くから伝わり、使い続けていく事で目的を果たせます。

医者いらずと名を打たれるほどの薬効が強みです。民間療法でも多用されている植物ですが、効果としては皮膚の粘膜を修正させる、傷付いた細胞を再生させるといった、肌の保護と修復を補助する利点かあります。


アロエには約200種ほどの有効成分が含まれていますが、その中にはレチノール、ほとんどのビタミンB群、アスコルビン酸、酢酸トコフェロールが含まれています。肌にも良い作用をもたらします。

化粧水に添加してあるアロエエキスが多いほど、抗酸化作用を得られますが、美白や美肌、アンチエイジングにも適応する、多機能な成分となります。



化粧水に必然的に加えなければいけない、水や精製水と馴染みやすいですから、質感やph値に大きな影響は与えないところもあります。


緑色した葉の皮は少し刺激がありますが、敏感肌の人でなければ使いやすい存在です。

弾力を与えて潤いのある肌する為にサポートしますが、果肉のエキスは火傷している患部や切り傷の箇所にも塗れるぐらいに、刺激が少ないです。



塗ることで再生を促進しますから、それらの問題を早く改善したいならば、アロエの果肉エキスを配合した化粧水を使用する必要もあります。
感染症や悪化を抑制する効果はありますが、使用する濃度によって作用は変化していきます。


早めに効果を出したいならば、原液に近い化粧水を用いることが理想的です。