スピルリナ抽出物の効果、緑色した化粧水

subpage01

化粧水に海藻や藻類を配合するケースがあります。



一例ではスピルリナ抽出物を添加した製品ですが、それを常に使えば皮膚が丈夫になり、健やかな肌づくりを促します。


その抽出物には豊富なクロロフィルやベータカロテン、有効成分である「フィコシアニン」か含まれていますが、糖質も多少は含有しますから、保湿効果もあります。


クロロフィルとは緑黄色野菜の一部や褐藻に含まれている色素の成分です。



緑色をしていますが、塗布することによって殺菌しながら雑菌の繁殖を抑制、皮脂の調節をする働きかけが強みです。



消臭効果にも期待が出来ますが、菌の増加を防ぐ作用が臭いを抑える効果として、発揮します。
スピルリナ抽出物にはベータカロテンが豊富に含まれている為、アンチエイジングやターンオーバーの加速に期待する事が可能です。スピルリナに含まれている特有成分の「フィコシアニン」は皮膚に付けると、細胞が活性化して肌が柔らかくなったり、ニキビやクレーターの治りを早くするメリットがあります。


化粧水に添加する場合、溶けやすいですが、フィコシアニンは青色です。スピルリナとは違った印象を与えやすい物質となります。スピルリナに含まれているクロロフィルと分離させないで化粧水に加えるか、分離させてどちらか一方を加えるか、メーカー次第です。
しかし、クロロフィルとフィコシアニンを分離させるには、それなりの高度な技術が必要ですから、多くのスピルリナ配合の化粧水は成分を分解させていないで、添加した緑色の液体が多いです。